●夢 と は

夢とは本来想像することから始まると思います。

また夢とは一般的に自分の欲求を満たすものでもあります。
それはどういうことかと言うと例えばこんな感じです。
こんな車に乗れたいいな、
こんな家に住めたらいいな、
お金持ちになれたらいいな・・・
というものが夢になりがちです。
それはそれで素晴らしいと思います。ワクワクもしますしね。

しかし、その夢(自分の欲望を満たす)が達成したと考えてみてください。
今度はそれを守る不安がやってくると思いませんか?
すると何のために生きているのだろうとか、自分は不幸せだと言い始めるのです。
それが膨らむと今度は人のせいにし、自分の心を悪化させていくばかりなのです。
それは現代の仕事や結婚生活の愚痴の多さでも分かりますよね。
最初はみんな夢をもって仕事や結婚に取り組んだはずです。

例えば、がんばって給料を上げようとか幸せな結婚生活をしようとかね。
でも結局時間の経過とともにその夢は愚痴へと変わっていくのです。
ではなぜそうなるのでしょうか?

実はその答えは簡単です。
それは自分の欲望を満たす夢だからなのです。
だから自分の欲望を満たす夢には注意が必要です。

しかし、世のため人のために夢を持つことはとても未来があり良いことだと信じています。

なぜならばその夢こそ未知なる可能性と大きな愛を秘めているからです。
だから僕は信じます。

“夢は人の幸せや喜びを願い行動していくこと”

これぞゆるぎのない最高の夢(ロマン)へと変わっていくのです。



●開発について

最近は簡単に開発が出来るようになりました。

これは自分の力ではなく先人がそのように文化を創ってくれたお陰です。
あくまでもアイディアは大事です。
そのアイディアもこうすれば売れるだろうというのが当たり前なのですが、それには注意が必要です。

いかに売ろう売ろうと思って考えたアイディアには、相手をお金と思ってしまう可能性が非常に強いと思います。

また商売がスタートしたとしても最初はいいのですが結果として争いや不安のもとになると思います。

昔の貧乏で何も便利な物のない時代は違ったと思います。
なんとかこの苦労させたくないから作ろうとか、この人が困っているからこういうものを作ってやろう。というものが開発の原点だったのです。

だから今、開発に必要なのは“愛と心のある開発”だと思うのです。



●人について

人類が誕生してから自分自身が誕生するまでに180万人のご先祖様が関係していると云われます。

その事から考えても素晴らしい生命を頂いた事に感謝しなければなりません。

また、地球レベルで考えたって今生きている時間というものはたった“一瞬”の出来事なのです。
その一瞬の出来事に出会った方というのは、ものすごい確率なのです。

それに気付けば人と人との関わりがどれほど大事で、大切なのかは容易にわかるはずです。

また、相手にも180万人のご先祖様の思いがあるということです。またそのご先祖様に守られているのです。

そう感じながら一日一日を大事に素直に生きてゆきたいです。



●本当のリスクとは

みなさん質問です!
あなたは次の2つのうちどちらを選択しますか?
1、安定した職につきたい!
2、不安ではあるが自己責任をもって何にでもチャレンジしたい!
さて、どちらですか?
「は!?そんなんどうでもええわ〜」
え、そんなこと言わないでくださいよ!
たまには質問に答えてくださいよ〜お願いだから(笑)

それでは答えです。
その答えそれは”ありません”
あくまでも自分(あなた)の判断なのですから♪
ただ言えることは
”安定した職を”と考えている(企業に責任をおいている)と、
最終的にはつぎのようになる危険要素があります。
例えば
1、就職したものの給料がほとんど上らず、
  本当に企業は自分ために考えてくれていないのではないか?という不安。
また、
2、上司や会社の人間がいいかげんで自分の事ばかりを優先し、
  全く自分の事を考えていないのではないか?という不満もやってきます。
違う観点からは、
3、安定した仕事は縦割りが強く、その決まった役割しか仕事をしないので、
  もし転職や独立するときにその事しかできない人材になってしまう。
  (愛のない仕事の仕方になりやすい)
結果このような”人への依存”してしまう責任転嫁傾向が出やすいのが本質なのです。
なぜかというと
それは”安定”という責任を人や企業においているからです。
では、
不安ではあるが”自己責任をもってチャレンジ”するというのはどうでしょうか?
1、信用もなく不安ではあるが、進めたことはすべて自分の責任。
  だからよく考えて行動できるようになった。
また、
2、チャレンジしていくと、同じ目標を持った仲間がたくさん出来た♪
3、苦労はするが人の辛さや思いがわかるようになった。
などがあると思います。
ちなみにこれは僕が現在実践している考え方です。
僕は現代の社会において
安定を求めるほうがリスクが高いように思えるのです。
ただ言えるのは自己責任という考え方を持って
僕自身とっても充実はしています♪
もちろん
何が良くて何が悪いとは言えませんし
それぞれ素晴らしい人生です。
ただ
どうせ短い一生。
生きてきたのなら
人生に頂いた使命ははまっとうしたいものです!

チャレンジですよチャレンジ!
やっぱりそっちの方がいい♪



●チャンス思考!

新しいコトバを考えついた!
そのコトバそれは”チャンス思考”。
たまたまテレビで
世の中の教師や子どものモラル問題や亀田ファミリーの問題
また、メディアの責任問題などの討論番組を見ていて思った。



●今の世の中は

何かあると他人のことを批判するのも
きっと人間の人情であり自分を守るための弱さだと思います。
しかし、それでは自分自身なんの進展もないと思えて仕方ないのです。

それどころか
他人を批判したり、自分のうまくいかないことを人のせいにしていると
結局そのことがうまくいかなので余計な労力と信頼を失ってしまいます。
だけど、世の中はほとんどみんな
同じように思っていると感じるのです。
だからこれを”チャンス”ととらえるといいと思いました。
なぜかというとみんなが悪い方向へ思考がとらわれているからこそ
自分を磨き輝くチャンスなんです。

そう、これが”チャンス思考”。
世の中にモラルがないとか
世の中が不公平だとか
世の中が薄情であるとか。
それをすべて新しい未来を創ることができる”自分のチャンス!”ととらえてしまえばいいのです。
そして人に正しさを求めず
いち早く行動を起こして
いち早くカタチにしたときに光り輝き
きっと素晴らしい未来が創られていくことでしょう。
”チャンス思考”は現代に一番足りない考え方だと思えます。
だから今がチャンスなのです!
世の中に感謝しましょう。



●できる理由♪

できない理由よりできる理由をさがそう♪
これは僕が最近特に大事にしているテーマです。
人間は恐れることをすぐに考えて
できない理由ばかりをさがそうとしてしまいます。
でもそういった考えを持つと
だいたい愚痴や不平ばかりを言う人間になりがちです。
人生ってとっても長いようで短いと思います。
考えてみれば1年はとっても早いと思いませんか?
そう考えると
時間はないのです。
できない理由をさがすより、できる理由をさがして
素敵な人生にしていきましょう!



●46億年の大切さ♪

地球が誕生して
46億年と云われています。
しかし
よくよく考えてみれば
自分自身も46億年かけて生まれてきた存在なのです。
現代の社会においては
その生命の大切さを忘れてしまいがちです。
これからの未来を考えていく時に
46億年かけて生まれてきた自分にいったい何が出来るか
真剣に考える時がやってきたように思えます。
文化は人間の手がなければ引き継ぐことはできません。
その引き継がれた素敵な先輩方の思いを
みんなで未来へバトンタッチしていくことが
まずはやるべき使命なのだと感じています。



●仕事とは。

仕事とは生き方。
仕事と枠を作ってしまえば
休みとの切り替えにきっと嫌な思いがでるようになります。
枠をつくることは
負のスバイラルを作るもとになりかねないと思えるのです。
だから
仕事とは”志事”でなければならないことに
ここに来て気がつきました。
志をもって事を成す。
これぞ素晴らしい仕事であり
生き方なのだと信じます。



●お金とは。

お金とは、平和の道具です。
きっと先人はそのためにお金を開発したと思えたのです。
争いや力ずくで奪い取るのではなく
その平和の手段としてお金は創られたのではないかと。
そう思うと不思議に清々しささえ感じます。
これからの未来を想うとき
その先人のお心遣いに感謝を込め
進んでいくことが必要条件にさえ思います。



●人生とは。

人生とは、種まきと収穫の連続です。
現在があるのは
過去に蒔いた種が実ったカタチなのです。
現在、楽しくてしょうがない人は
きっと以前プラスの種を蒔いておいた人です。
また、良くない出来事ばかりの人は
以前にマイナスの種を蒔いた人です。
種は成長しどんどん大きくなり
収穫の時には実りという未来にかわります。
そのときにどんな種だったかが良くわかるのです。
種には、プラスの種とマイナスの種があります。
短い人生です。
どうせなら毎日選び抜いたプラスの種を蒔いて
未来を楽しい収穫祭にしていきましょう!



●一瞬の出会い。

「一瞬の出会いがすべてを創る」
振り返れば
一瞬の出会いから
すべてが出来ていることに気がついた♪
大きな志を持つならば
この一瞬のチャンスを逃してはならない。
それには
一瞬の「はい!」という返事や
純粋な「挨拶」がなければその夢はかなわない。
一瞬の「はい!」という返事は
自分(我)の都合を捨て、人の幸せを優先したときに
自然に生まれる純粋な返事。
純粋な「挨拶」は
自分から行うことでできる
幸せへのパスポート♪
一度きりの人生
一瞬の「はい!」という返事、
純粋な「挨拶」をこなして
素晴らしい人生にしていきます!



●「一緒に」のチカラ♪

今の時代に一番必要なこと
それはきっと「この時代を一緒に生きよう♪」という気持ちだと思います。
人生はあっという間だと思います。
ギスギスせずに
大らかに朗らかに♪
人は誰でも
必ずいいところはあるのです。
また人の子です。
それに完璧な人など存在しません。
人のいいところを見つけて
その長所をいかし尊重することこそ
きっと
人類にとって素晴らしい未来に変わると信じています♪



●信じる力♪

振り返ってみれば
困難の理由というのは「信じる力」が少ないときに生じていることに気がつきました。
自分がそのものを信じるまで
その困難は自分に対してアドバイスのごとく降りかかってくるのです。
そして
疑いを無くし、信じる力が最大になったとき
大きな広がりと困難は乗り越えられるのです。
もし、今何か困難と感じていることがあるならば
是非それを信じてみてください。
必ずその答えが解き明かされるはずです♪



●ライバルとは。

ライバルとは、「同じものを愛した素晴らしい方」です。
通常、あの商品よりこちらの商品の方が・・・
とライバルを否定してしまうのは自分の弱さであり、人情だと思います。
しかしながら
よくよく考えてみれば
同じものを愛した素晴らしい方なのです♪
そう考えると素敵な夢仲間と思えてきませんか?
ライバルを尊重し、仲間と信じきったとき
きっと自分にとって
素晴らしい未来はやってくると思います。
寛容な気持ちで人生を楽しんでいきましょう♪



●困難とは。

困難のない人はいません。
その内容は次の3つだと思いました。
それは 「人・数字・健康」 。
この3つを人は悩むものなのです。
これらは場合により争いへと変わる危険すらあるのです。
ですから考えました。
それはこれら「3つ」を愛するということを。
毛嫌いをせず愛することで困難はなくなっていくと思うのです。
そしてきっと素晴らしい味方になってくれるでしょう。
未来のためにも一緒にがんばっていきましょう!



●支援の第一歩とは。

被災地、被災者のために何かをしてあげたい。。。
これは日本、更には世界みな共通です。
そこで一番いい方法を考えました。 
それは、
「被災地にきれいな住宅が建ち並び、花や小鳥たちがあふれ、こどもたちが無邪気に遊び、笑顔あふれる様子」
をみんなで想像することです。
人生振り返れば、想像したことが現実化したことばかり。
想像はカタチをつくる第一歩であることに気がつかされたのです。
そこで、みんなで復興したあとの街並みを想像しようではありませんか。
必ずそのようになるはずです。



●愛のある時代へ

時代は「愛のある時代へ」変わり始めました。
心よりも効率ばかりを追い求め
行いよりも知識や責任転嫁を教える教育
うまくいっていたときはいいのですが
時代は変わったのです。
あなた自身が
何をしてきた、何をした のではなく
その行いに
「どれだけの愛を込めたか」
これこそ
素晴らしい未来への鍵なのです。



●これからの日本について

これからの日本について。
本当にこのままでいいのか?
僕が一番思うのは、あまりにも「よそごと」の世の中にあるということ。
少し賢い人でも、自己責任とありますがそれは言い換えれば自分さえよければ、自分さえちゃんとしていればいいのでは?
という考え方なんです。
やはり、生きてきた意味とは
人のために生きること。
日本のために生きること。
世界のために生きること。
その役割がしっかりとあるにもかかわらず「よそごと」が当然のような教育、「よそごと」が当然のような政治。「よそごと」が当然のような社会。
すべてとはいいませんが、愛あふれる世の中にみんなでしていかなければ日本の未来はありません。
「よそごと」の世の中から、「自分のことのように、家族のことのように」の世の中へみんなで一緒に変えようではありませんか!